県内ニュース

主要

  • Check

初のADR申し立てへ 県医師会

 県医師会は15日、東京電力福島第一原発事故に伴い実施した事業経費などの支払いを求め、原子力損害賠償紛争解決センターに裁判外紛争解決手続き(ADR)による和解仲介を申し立てる。同会がADRを申し立てるのは初めて。29日に発表した。
 原発事故を受け、医師向けに開いた放射線関係の講習会開催に要した経費などを求めるという。同会は金額などを明らかにしていないが、関係者によると請求総額は数千万円に上るもよう。

■4件の和解仲介弁護団申し立て 避難費用など

 東京電力福島第一原発事故による損害賠償で、ふくしま原発損害賠償弁護団は29日、原子力損害賠償紛争解決センター福島事務所に4件の和解仲介を申し立てた。
 同弁護団によると、県北と県中の2世帯は避難費用など合わせて約3800万円、県中の1世帯は自宅の除染費用など約250万円、県北の食品加工販売業者は風評被害による営業損害約5千万円をそれぞれ請求した。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧