県内ニュース

主要

  • Check

帰還困難区域の道路復旧工事 29年度完了目指す

 県は帰還困難区域で既に災害査定を実施した44カ所の道路の復旧工事について、平成29年度までの完了を目指す。星議員の質問に大河原聡土木部長が示した。
 県によると44カ所は富岡、大熊、双葉、浪江、葛尾、飯舘の6町村の帰還困難区域にある。同区域内で災害査定が必要な公共土木施設はほかに海岸堤防や河川、道路など20カ所程度あるという。
 避難指示解除準備、居住制限両区域、避難指示解除地域にある公共土木施設の災害復旧は対象箇所の54%が完了しており、31年度までに全て終える見通しだ。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧