県内ニュース

主要

  • Check

原発構内にコンビニ開店 福島第一作業員に食料品など1000品提供

 東京電力福島第一原発構内にある大型休憩所内に1日、コンビニエンスストア「ローソン東電福島大型休憩所店」が開店した。日曜を除き午前6時から午後7時まで営業し、作業員に食料品や日用品を販売する。
 東電が作業員の労働環境改善の一環としてローソンに出店を要請していた。売り場面積は54平方メートル。おにぎりや即席麺、飲み物、タオルなど約千品目を取り扱う。店内で調理が必要な揚げ物やおでん、酒類は販売しない。
 初日は開所式が行われ、福島第一原発の小野明所長が「利便性が向上した。大切に利用していきたい」とあいさつした。買い物をした作業員の田所治さん(55)は「職場環境が整い、業務の励みになる」と話した。
 福島第一原発では現在、1日約7千人が廃炉作業に従事している。

カテゴリー:主要

開店したコンビニエンスストアで買い物をする作業員(左)
開店したコンビニエンスストアで買い物をする作業員(左)

主要

>>一覧