県内ニュース

主要

  • Check

4月9日開幕 大山忠作美術館特別企画 「二本松さくら展」成功を

日本舞踊をあでやかに披露する大山采子さん
日本舞踊をあでやかに披露する大山采子さん

 4月9日に開幕する二本松市の大山忠作美術館特別企画展「二本松さくら展」を盛り上げるパーティーは6日、市内の二本松御苑で開かれた。約400人が集い、さくら展成功を誓い合った。
 さくら展を成功させる会の主催。さくら展実行委員長で、日本画家・故大山忠作氏の長女の女優大山采子さんが日本舞踊「木遣(きや)りくずし」「富士の雲笠音頭」をあでやかに披露した。
 成功させる会の安斎文彦会長があいさつし、新野洋市長が祝辞を述べた。元ラジオ福島アナウンサーの大和田新さんが司会を務めた。
 扇面「安達太良残雪」、巻子「勧進帳」、複製画「紅葉鯉」など大山忠作氏ゆかりの品のチャリティーオークションを実施した。
 会場では大山采子さんと記念写真を撮る来場者の姿が見られ、にぎわっていた。収益はさくら展のPRに役立てる。
 さくら展は5月8日まで開催する。大山忠作氏の「花霞」、故東山魁夷氏の「花明り」など日本画の巨匠が桜をテーマに描いた33点を展示する。


カテゴリー:主要

大山采子さんと記念撮影をするなどし、大勢の人でにぎわったイベント
大山采子さんと記念撮影をするなどし、大勢の人でにぎわったイベント

主要

>>一覧