県内ニュース

主要

  • Check

MFJ三浦理事長(福島学院大教授) 米国での成果を報告

 米国に日本の音楽を紹介しているミュージック・フロム・ジャパン(MFJ)の三浦尚之理事長(福島学院大教授)は8日、福島民報社を訪れ高橋雅行社長と懇談した。MFJが2月24日から同28日に米国ニューヨークで行った音楽祭「アーティスト・レジデンス」の成果を説明した。
 日米の作曲家や評論家14人を招き、フォーラムや演奏会を繰り広げた。文化交流を進め音楽活動の刺激にするのが狙い。日本から作曲家の望月京、山本裕之、鈴木治之の各氏と音楽学者沼野雄司氏が参加した。
 24日は望月氏がコロンビア大の教授や大学院生を前に作曲セミナーを催した。26日はシンポジウムを催し、日米の音楽評論家が活動する環境などについて意見を交わした。27、28の両日は日米の現代音楽についてのフォーラムや演奏会を実施した。
 三浦氏は「期待以上の成果があった。来年、再来年も続けたい。2019(平成31)年には東京と福島に北米の音楽評論家や作曲家を招きたい」と語った。

カテゴリー:主要

米国の評論家らと議論する望月氏(中央)=2月27日
米国の評論家らと議論する望月氏(中央)=2月27日

主要

>>一覧