県内ニュース

主要

  • Check

相馬の復興状況を見学 首都圏モニターツアー

 東日本大震災発生から丸5年に合わせたモニターツアーは11、12の両日、相馬市内で行われ、首都圏在住者が復興の様子に理解を深めた。
 うつくしま浜街道観光推進会議相馬支部の主催、相馬観光復興御案内処の共催で、45人が参加した。初日は参加者が相馬港、原釜尾浜海水浴場、大野台仮設住宅、磯部地区の慰霊碑などを見学した。
 2日目は松川浦環境公園で草むしりや植栽のボランティア活動をした後、和田観光苺組合のイチゴ園でバーベキューとイチゴ狩りを楽しんだ。参加者は相馬の豊かな食材をおいしそうに味わっていた。
 相馬市を初めて訪れた横浜市の会社員柴田大輔さん(42)は「まだ震災の爪痕が残っていると感じた。夏ごろ、また訪れてみたい」と話した。

カテゴリー:主要

バーベキューを楽しむツアー客
バーベキューを楽しむツアー客

主要

>>一覧