県内ニュース

主要

  • Check

第二原発廃炉求める 郡山で県民大集会

 「2016原発のない福島を!県民大集会」は12日、郡山市の開成山陸上競技場で開かれた。東京電力福島第一原発事故を教訓に、県内で原子力発電を将来にわたり実施しないことや福島第二原発の即時廃炉などを訴える集会アピールを採択した。
 県平和フォーラム、県漁連、県女性団体連絡協議会、県森林組合連合会など県内の各種団体で構成する実行委員会の主催。今年で5回目で、県内外から約6千人(主催者発表)が参加した。
 実行委員長の角田政志県平和フォーラム代表は「本県の原発事故の責任を認め、原子力政策を見直すよう政府に求めていく」と主張した。「さようなら原発1千万人署名市民の会」呼び掛け人で作家の鎌田慧さんもあいさつした。県内の避難住民や高校生らが自らの経験や考えを発表した。
 引き続き市内をデモ行進した。集会に先立ち、市内でシンポジウムが開かれた。

カテゴリー:主要

福島第二原発の廃炉などを訴えた県民大集会
福島第二原発の廃炉などを訴えた県民大集会

主要

>>一覧