県内ニュース

主要

  • Check

本体構造物据え付け完了 相馬港の沖防波堤復旧工事

 国土交通省が進めている相馬港の沖防波堤(全長2730メートル)の復旧工事で、防波堤本体となるコンクリート製構造物「ケーソン」の据え付け工事が13日、完了した。
 この日は142函目のケーソンが設置された。高さ12・5メートル、幅15・5メートル、長さ14・7メートルで、港から船でえい航し、水深15メートルほどの現場に固定した。
 損壊を逃れた4函と新たに据え付けた142函の計146函のケーソンは横一列に並び、砂を詰めて固定する。沖合側には消波ブロックを設置し港湾内の波を平穏に保ち、船舶航行や港への荷降ろし作業の安全を確保する。
 国交省は平成25年3月から、津波で損壊したケーソンの復旧を進めてきた。全ての工事は29年度中に終了する予定。

カテゴリー:主要

相馬港で行われた142函目のケーソンの据え付け作業(小名浜港湾事務所提供)
相馬港で行われた142函目のケーソンの据え付け作業(小名浜港湾事務所提供)

主要

>>一覧