県内ニュース

主要

  • Check

共同開発桃のバウムクーヘン 協力店で商品発売高校生が製造体験 福島の「樹楽里」

 福島市の福島明成高と岡山市の高松農高、福島市に本店を置くバウムラボ樹楽里が共同開発したバウムクーヘン「桃カップル」は15日、福島市の樹楽里本店と福島北店で発売された。福島明成高生が福島北店で製造を体験実習して商品をPRした。
 福島の「あかつき」、岡山の「清水白桃」の2品種のモモを使い、2色構造に仕上げた。樹楽里が製造に協力した。税込み1250円で4月末まで販売する。問い合わせは樹楽里福島北店 電話024(573)2866へ。
 体験実習では、食品科学科の2年生6人が樹楽里のスタッフの指導を受けて60個を焼き上げ、箱詰めして購入者に手渡した。橋本美咲さんは「少しでも福島の風評払拭(ふっしょく)につながればうれしい。味わって食べてほしい」と願っていた。

カテゴリー:主要

購入者に桃カップルを手渡す福島明成高生(右)
購入者に桃カップルを手渡す福島明成高生(右)

主要

>>一覧