県内ニュース

主要

  • Check

「福島丸」小名浜に帰港 いわき海星高航海実習終えマグロなど水揚げ

 いわき市のいわき海星高の海洋練習船「福島丸」は15日、太平洋上での航海実習を終えて市内の小名浜港に帰港した。実習で漁獲したマグロやカジキを水揚げした。
 今年度最後の第3次航海で、本科卒業後に専攻科の海洋、機関の両科に進んだ生徒12人が約50日間の実習に臨んだ。全員一年生で、マグロはえ縄漁や船舶エンジンの整備などを学んだ。
 はえ縄漁実習はハワイ近海で行い、約20トンを漁獲した。マグロは市内の小売店などで「福島丸ブランド」として販売される予定。カジキは県学校給食会の取り組みにより、「かじきカツ」に加工され、県内の学校給食で提供される。
 実習に参加した専攻科機関科の勝倉一輝君(19)は「一生懸命捕った魚をおいしく味わってほしい」と話していた。

カテゴリー:主要

生徒が見守る中、水揚げされるマグロ
生徒が見守る中、水揚げされるマグロ

主要

>>一覧