県内ニュース

主要

  • Check

県発注工事入札審査基準日 来月から特例措置廃止

 県は東京電力福島第一原発事故に伴う特例として、県発注工事の入札参加資格申請の審査基準日を震災発生時とすることを認めてきたが、直近の施行能力を反映するため、4月から特例措置を廃止する。15日、県庁で開いた県入札制度等監視委員会で示した。
 原発事故に伴う旧警戒区域に営業所があった企業は避難などで施行実績が激減したため、経営状況の審査基準日を震災発生時とする特例を認めてきた。その後、復旧・復興工事が進み、企業の実績や経営状況が改善したため、直近の施行能力を確認することとした。合わせて、総合評価方式の評価基準日の特例も廃止する。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧