県内ニュース

主要

  • Check

18日から声楽アンサンブル全国大会福島 3部門に126団体

 第9回声楽アンサンブルコンテスト全国大会は18日、福島市音楽堂で開幕する。中学、高校、一般の3部門に126団体が出場し、21日までの4日間、美しいハーモニーを響かせる。このうち県勢は中学8、高校9、一般4の21団体。海外からはインドネシアとフィリピンの団体が舞台に立つ。
 県、県教委、実行委員会の主催。福島民報社などの後援。初日は中学校、2日目は高校、3日目に一般の各部門を行う。各日の金賞受賞団体が最終日の本選に進む。
 県内からの出演団体は次の通り。出演順。
 ▽18日(中学校部門)=若松四、常葉、郡山七、郡山五、郡山二、二本松一、一箕、若松二
 ▽19日(高校部門)=福島、日大東北、喜多方、郡山、福島東、安積黎明、郡山女子大付、安達東、安積
 ▽20日(一般部門)=安積合唱協会、福島室内合唱団、Choral Aurora(コーラル・アウローラ)、大島小

■歓迎レセプションで成功願う
 大会に先立ち歓迎レセプションが17日、福島市のホテルサンルートプラザ福島で開かれ、出席者が大会の成功を願った。
 審査員、実行委員ら約20人が出席。鈴木正晃副知事が「全国から訪れる方々の美しいハーモニーで県民が励まされる」と歓迎した。小林香市長があいさつし、杉山純一県議会議長が祝辞を述べた。菅野正美実行委員会長(県合唱連盟理事長)の発声で乾杯した。

カテゴリー:主要

大会の成功を願う歓迎レセプションの出席者
大会の成功を願う歓迎レセプションの出席者

主要

>>一覧