県内ニュース

主要

  • Check

アポロガス「アワード」企画 ユニークなビジネス勝手にたたえます

 福島市のアポロガスはユニークなビジネスや社会貢献活動などに取り組む企業を社員が世界中から探して表彰する「アポロアワード」を企画し、受賞企業を29日に発表する。
 笑いでコミュニケーション能力を伸ばしたり、社会人としてのマナーなどを学んだりする社内学校「アポロ大学」活動の一環。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から5年が経過した中、ユーモアあふれる同社の取り組みを通して「元気な福島」を全世界に発信し、再生可能エネルギーの先進地を目指す福島にも目を向けてもらおうと、篠木雄司社長(53)と相良元章専務(49)が発案した。
 「ユニークなユニホーム」「ユニークなビジネスモデル」「ユニークなCMを作っている」「ユニークな社会貢献をしている」「おもしろい社内ルールがある」「宇宙関連で楽しい事業をしている」の6部門で1社ずつ受賞企業を決める。同社が勝手に選んで勝手に表彰するという乙な趣向で実施する。
 若手を中心にした社員とグループ企業の全社員、パート従業員合わせて約60人が6班に分かれ、半年ほど前から新聞やインターネットなどで国内外の企業を探し、2月に社内で中間発表会を開くなどして選考した。受賞企業にはトロフィーを贈る。篠木社長は「表彰を通して笑いを巻き起こし、世界を元気にできれば」と話している。

カテゴリー:主要

受賞企業に贈るアポロアワードのトロフィー
受賞企業に贈るアポロアワードのトロフィー

主要

>>一覧