県内ニュース

主要

  • Check

氷の世界へ“熱い”質問 南極の昭和基地と交信

 日本宇宙少年団福島分団きぼうの団員は20日、第57次観測隊員として南極・昭和基地に滞在中の梅津正道さん(53)=福島市=と交信した。
 福島市の北信学習センターで開いた「南極教室」の一環で、現地とネット回線で結び、映像を見ながらやりとりした。梅津さんは南極の気候や基地での仕事を紹介し、オーロラや蜃気楼(しんきろう)の映像も披露した。団員は観測隊での仕事内容や基地での生活などを熱心に質問した。
 梅津さんの長男大誠君(6つ)も団員の一人で、「お父さんは格好良かった。友達と一緒に話を聞けて楽しかった」と笑顔で語った。

カテゴリー:主要

目を輝かせながら南極大陸・昭和基地の梅津さんと交信する子ども
目を輝かせながら南極大陸・昭和基地の梅津さんと交信する子ども

主要

>>一覧