県内ニュース

主要

  • Check

歌で浪江町民励ます 沖縄の大里南小児童

 第9回声楽アンサンブルコンテスト全国大会の一般部門に出場した大里南小合唱部(沖縄県南城市)の児童は21日、浪江町民が避難する二本松市の安達運動場仮設住宅を訪問し、元気な歌声を届けた。
 6年生と4年生の部員23人が訪れ、「まほうのチャチャチャ」「手紙」など7曲を披露した。
 集会場に約60人の町民が詰め掛け、子どもたちの伸びやかな歌声にじっくり聞き入った。振り付けを交えた曲や沖縄の方言を使った童歌もあり、町民の笑顔が広がった。ラストを飾った「ふるさと」では、一緒に口ずさむ姿も見られた。
 部長の金城万緒さん(6年)は「こんなにたくさんの人が集まり、熱心に聞いてもらえてうれしかった」と話した。
 全国大会は福島市で開かれ、一般部門は3日目の20日に行われた。

カテゴリー:主要

振り付けも交えて伸びやかな歌声を披露する大里南小の児童
振り付けも交えて伸びやかな歌声を披露する大里南小の児童

主要

>>一覧