県内ニュース

主要

  • Check

みずほ、復興に協力 東京五輪・パラリンピックへ 県と連携協定締結

 平成32(2020)年の東京五輪・パラリンピックに向け、県が、みずほフィナンシャルグループと結ぶ連携協定の締結式は23日、東京都千代田区の同グループ大手町本部ビルで行われた。
 締結式では、内堀雅雄知事と同グループの佐藤康博社長が協定書に調印した。締結式後、佐藤社長は「福島で国際会議や講演会を開催することなどを通して復興の役に立ちたい」と述べた。内堀知事は「観光や物産品の情報発信に期待したい。スポーツイベントで五輪出場経験者を派遣していただくことも考えている」と述べた。
 締結式に合わせ、同ビルでは福島物産展が開かれ、日本酒や菓子などの物産品が販売された。郡山東高合唱団による「ふるさと」などの合唱披露や福が満開ふくしま隊によるステージも繰り広げられた。
 協定は東京五輪・パラリンピックの国内最高位スポンサー「ゴールドパートナー」の同グループと協力し、県内の魅力発信や「復興五輪」の機運醸成につなげるのが目的。期間は23日から平成32年12月31日まで。

カテゴリー:主要

佐藤社長と協定書を交わす内堀知事(左)
佐藤社長と協定書を交わす内堀知事(左)

主要

>>一覧