県内ニュース

主要

  • Check

県教委がJAXAと協定締結 宇宙、科学教育で

 県教委と宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙教育センターは25日、連携協定を締結した。県教委は協定に基づき、センターが開発した教材や素材などを学校教育や社会教育の現場で積極的に活用し、児童生徒の宇宙や科学への関心を高める。
 同日、県庁で締結式を行った。杉昭重教育長が「復興を担うのは今の子どもたち。未来への夢と希望、たくましい力を育むことがわれわれの責務だ」と語った。JAXAの桜庭望センター長は「震災で苦労している皆さんのお手伝いができることは幸せ。日本、福島の子どもたちのために頑張りたい」と応じた。
 引き続き、杉教育長と桜庭センター長が協定書にサインした。JAXAが提唱する宇宙教育の取り組みを県教委に提案した公明党県本部の甚野源次郎代表も同席した。
 協定に基づき、県教委は5月22日、福島市で宇宙教育フォーラムを開く。「宇宙教育の父」と呼ばれるJAXA名誉教授の的川泰宣氏が講演する。近く参加者を募集する。
 このほかJAXA職員による理科教員を対象とした研修、スーパーサイエンスハイスクール指定校での授業などを行う。夏休みなどには各自然の家が開催する星空観察会などと連携し、職員の講話やものづくり体験などの講座も予定している。

カテゴリー:主要

協定書を手にする(右から)杉教育長、桜庭センター長、甚野代表
協定書を手にする(右から)杉教育長、桜庭センター長、甚野代表

主要

>>一覧