県内ニュース

主要

  • Check

中間貯蔵見通し 首長、反応さまざま

 27日に環境省が福島復興再生協議会で公表した中間貯蔵施設の用地取得と輸送量の見通しに、出席した首長はさまざまな反応を見せた。
 双葉地方町村会長の馬場有浪江町長は「早く施設を造らないと風評は払拭(ふっしょく)できない。しかし、(現状の用地取得率を踏まえると)現実的な計画なのかどうか(疑問が残る)」と述べた。宮本皓一富岡町長は「スピード感に欠ける内容」との見方を示した。
 県市長会長の立谷秀清相馬市長は「中間貯蔵施設整備は既に当初の予定より整備が遅れている。(環境省が示した通りに)用地取得が進むかどうかは国だけでなく、県の積極的な協力、地元の理解が不可欠だ。しっかり取り組んでほしい」と注文した。
 菅野典雄飯舘村長は「解決すべき課題も多い中で、あえて長期見通しを示したことは評価したい。避難している住民や県民の立場に立って取り組んでほしい」と語った。

カテゴリー:主要

政府に復興の加速化を求めた内堀知事(左から5人目)、県内の首長ら
政府に復興の加速化を求めた内堀知事(左から5人目)、県内の首長ら

主要

>>一覧