県内ニュース

主要

  • Check

32年度までに8%へ 県の管理職女性割合目標

 県は管理職に占める女性の割合をこれまでの目標から1ポイント引き上げ、平成32年度までに8%を目指す。28日、新たな数値目標を盛り込んだ県職員男女共同参画推進行動計画を改定した。
 27年度の副課長以上の管理職は928人で、このうち女性は52人。女性が占める割合は5・6%にとどまる。採用試験の受験者に占める女性の割合は26年度に32・4%だったが、32年度までに50%を目指す。
 男性職員の育児参加も促す。育児休業取得率は26年度で4・4%だったが、32年度までに10%に増やす。配偶者出産休暇取得率は26年度で82・2%だが、32年度までに100%を達成させるとした。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧