県内ニュース

主要

  • Check

警察官常駐 業務を再開 避難区域の山木屋、小高駐在所

 東京電力福島第一原発事故で避難区域となっている川俣町山木屋の福島署山木屋駐在所と南相馬市小高区の南相馬署小高駐在所が28日から警察官常駐体制となって通常の業務を再開した。

■住民の安全守る 山木屋の三浦巡査部長
 山木屋駐在所には三浦誠寿(せいじゅ)巡査部長(58)が詰める。「常駐は住民の安心につながる」と決意を新たにした。
 山木屋地区の準備宿泊開始に合わせ昨年8月から日中のみ勤務していた。27日夜に初めて駐在所で一夜を過ごした。114号国道の交通量の少なさを実感。住民が帰還しても安心して暮らせる地域をつくる-と思いを強くした。28日は町に準備宿泊を申請した住宅などを巡って声を掛けた。無職大内秀一さん(67)は「警察官がいるだけでホッとする」と歓迎した。

カテゴリー:主要

山木屋駐在所からパトロールに出掛ける三浦巡査部長
山木屋駐在所からパトロールに出掛ける三浦巡査部長

主要

>>一覧