県内のスポーツ

  • Check

ボンズ4連勝 首位とゲーム差1

 国内男子プロバスケットボールBリーグ2部の福島ファイヤーボンズは17日、東京都の板橋区立小豆沢体育館で中地区の東京エクセレンスと対戦し、77-70で勝利した。連勝を4に伸ばし、通算成績は16勝7敗で、順位は2部東地区2位。首位の群馬が敗れたため、ゲーム差を1に縮めた。
 ボンズは第1クオーター、相手に3点シュートを3本決められるなど17-21とリードを奪われた。第2クオーター以降は、村上慎也、セドリック・ボーズマンらの活躍で点数を重ね、一進一退の攻防が続いた。62-65で迎えた最終クオーター、菅野翔太(二本松市出身、福島工高、東北学院大卒)の3点シュートで同点、ナイジェル・スパイクスの2点シュートで逆転した。スパイクス、ドノバン・ルイス・カークらがインサイドから着実に得点し、相手を突き放した。
 次戦は18日午後2時30分から、同体育館で東京エクセレンスと対戦する。

カテゴリー:福島のスポーツ

【福島ファイヤーボンズ―東京エクセレンス】第1クオーター、シュートを放つボンズのスパイクス
【福島ファイヤーボンズ―東京エクセレンス】第1クオーター、シュートを放つボンズのスパイクス

福島のスポーツ

>>一覧