県内ニュース

主要

  • Check

家内安全、震災復興願う いわきの金刀比羅神社例大祭にぎわう

 「いわきのこんぴらさま」として親しまれている、いわき市常磐関船町の金刀比羅(ことひら)神社の例大祭は10日、神社境内と神社周辺で催され、家内安全や商売繁盛、東日本大震災からの復興を願う市民らでにぎわった。
 同神社は海の守り神として500年以上前から信仰を集めており、祭りは新春の恒例行事。震災からの復興祈願も兼ねている。大黒様やえびす様が縁起物を投げる「福銭まき」では「幸」を求めて大勢の人が訪れ、境内は歓声に包まれた。沿道には色鮮やかな飾りの熊手、いわきダルマ、破魔矢などの縁起物を売る露店が立ち並んだ。
 震災と東京電力福島第一原発事故で避難している双葉郡などの住民にはお守りとご神菓が配られ、参拝者は古里の再生を祈りながら新年の福を願った。

カテゴリー:主要

色鮮やかな縁起物を買い求める市民ら
色鮮やかな縁起物を買い求める市民ら

主要

>>一覧