県内ニュース

主要

  • Check

弁当、豚汁開発 県内13日発売 小高商高とローソン

 小高商高(南相馬市)とローソン(本社・東京都)は県産食材をふんだんに使用した弁当と豚汁を共同開発した。13日から、県内のローソン各店で販売する。
 販売されるのは「小高商業高校発!味わい中華幕の内弁当」(税込み550円)と「小高商業高校発!会津味噌仕立ての豚汁」(同380円)。生徒らの「地元の食材を使用し地域の活性化を応援したい」との思いを込めた。
 弁当は県産鶏肉の油淋鶏(ユーリンチー)やモヤシ炒め、エビチリ、シューマイなどの中華料理を盛り付けたボリュームある商品。豚汁は県産豚肉をはじめ、9種類の食材を使用した。電子レンジで温めて食べる。
 共同開発は昨年に続き2回目。今月下旬まで販売され、売り上げの一部は東日本大震災で被災した高校生や大学生の奨学金に充てられる。
 開発に当たった生徒らは12日、県庁を訪れ、内堀雅雄知事に取り組みを報告する。13日は南相馬市のローソン原町南町店で商品をPRする。

カテゴリー:主要

「小高商業高校発!味わい中華幕の内弁当」
「小高商業高校発!味わい中華幕の内弁当」
「小高商業高校発!会津味噌仕立ての豚汁」
「小高商業高校発!会津味噌仕立ての豚汁」

主要

>>一覧