県内ニュース

主要

  • Check

圧力容器下、到達せず 第一原発2号機 ロボ調査

 東京電力は16日、福島第一原発2号機の原子炉格納容器内にサソリ型の自走式ロボットを初めて投入したが、目指す圧力容器直下の作業用足場に到達できなかった。足場では1月下旬の事前調査で、炉心溶融によって溶けた溶融燃料(燃料デブリ)の可能性のある堆積物が見つかったが、実態把握はできなかった。代用ロボットは存在せず、廃炉に向けた格納容器内の調査は戦略の見直しを迫られる可能性がある。
 東電によると、調査は午前5時すぎに始まり、午前7時50分ごろロボットを格納容器の貫通部から投入した。圧力容器直下につながる機器交換用レールに残る堆積物の上を走行したが、走行用ベルトが動かなくなる不具合が発生。7・2メートルのレールの端まで約3メートルを残してたどり着けず、作業用足場に乗り移れなかった。
 ロボットの遠隔操作用ケーブルを巻き上げて引っ張るなどして動かそうとしたが進めなくなり、調査継続は困難と判断。午後3時すぎにケーブルを切断した。東電は走行ベルトの不具合について「堆積物などの異物が挟まった可能性が考えられる」としている。
 ただ、東電は調査後の記者会見で「(1月の調査を含め)格納容器内の放射線量や温度など貴重な情報が新たに得られたのは世界初の快挙。ロボットを回収しない選択肢も検討しており、失敗と考えていない」と強調した。
 ロボットは、国際廃炉研究開発機構(IRID)と東芝が開発。前後のカメラは撮影角度を変えることができる。線量計や温度計を搭載し、累積1000シーベルトまでの放射線に耐えられる。今回の調査では鮮明な画像を得られたという。作業用足場入り口から約3メートル手前の放射線量は毎時210シーベルトだった。
 2号機では1月下旬から、パイプに取り付けたカメラやサソリ型ロボットとは別の堆積物除去用ロボットを投入して内部を撮影。作業用足場に、デブリの熱でできたとみられる1メートル四方の穴など複数の脱落箇所が見つかり、広範囲に堆積物がこびり付いていることが分かった。機器交換用レール上で最大毎時650シーベルトの空間線量が推定されている。
 今回の調査は平成27年夏の開始を目指していたが、格納容器の貫通部の除染などに時間がかかっていた。

■今夏デブリ取り出し不透明

 政府は今年夏に燃料デブリの取り出しについて決める方針だが、今回のロボット調査の結果を受け、専門家からは「先行きは不透明」との指摘が出ている。
 県の角山茂章原子力対策監は「今回のロボット調査では作業用足場の下を見ることができず、燃料デブリも確認できなかった。東電が強調する世界初の快挙とは言い難い。夏の方針決定も不透明と言わざるを得ない」と語った。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧