県内ニュース

主要

  • Check

県内準備本格化 プレミアムフライデーまで1週間

 毎月末の金曜日の仕事を早く終え、消費を喚起するイベント「プレミアムフライデー」初日の24日まで1週間となり、県内の観光施設や小売業、ホテルなどは売り上げ増に結び付けようと準備が本格化している。
 いわき市のスパリゾートハワイアンズではプレミアムフライデーの24日午後3時以降の来場者の入場料を全て半額にする。中学生以上は1620円(税込み)。営業部営業企画グループの国井秀文さん(48)は「土、日曜日も含め、週末の3日間を遊び尽くしてほしい」と来場を呼び掛ける。
 青木商店(本社・郡山市)が県内外に19店舗を展開しているフルーツタルト店「フルーツピークス」では、毎月最終金曜日の午後3時以降の来店者に、商品の割引につながるポイントを通常の3倍にする。フルーツピークス事業部の青木大輔部長(34)は「ゆったりとフルーツタルトを囲んでほしい」と掲示物の準備を急ぐ。
 時計・宝石・眼鏡の金美堂(本社・郡山市)も県内4店舗の購入者にプレミアムポイントを発行する。スーパーのいちい(本社・福島市)やマルト(本社・いわき市)では、特設コーナーを設置するなどして販売促進につなげる方針だ。
 東北地方で居酒屋チェーン店「村さ来」を運営するランドマークグループ(本部・郡山市)は、都市部の一部店舗の営業開始を通常の午後5時から1時間程度前倒しする方向で検討している。
 ホテル関係では、北塩原村の裏磐梯レイクリゾートが24、25の両日、格安で連泊できる宿泊プランを提供。郡山市のホテルハマツは23日から28日までホテル内レストランなどで特別メニューが楽しめる。
 プレミアムフライデーは米国の年末商戦「ブラックフライデー(黒字の金曜日)」を参考に政府と経済界が考えた。旅行で地方へ経済効果を及ぼしたり、働き方改革につなげたりする狙いがある。

カテゴリー:主要

プレミアムフライデー用の掲示物を準備する青木部長(右)ら=青木商店
プレミアムフライデー用の掲示物を準備する青木部長(右)ら=青木商店

主要

>>一覧