県内ニュース

主要

  • Check

「献上桃ソルベ」開発 あかつき使用 甘味と香り広がる 桑折町

 桑折町は町産桃を使った「献上桃ソルベ」を開発し3日、福島市の福島グリーンパレスでお披露目した。出席者が桃本来の甘味と香りが引き立つ新商品を味わった。
 町は平成6年から23年連続で献上桃の指定を受け、皇室や宮家に町産桃「あかつき」を贈っている。東京電力福島第一原発事故に伴う県産食材の風評払拭(ふっしょく)などを目的に開発した。
 お披露目会には県内のJA関係者や飲食、観光業者ら約100人が出席した。高橋宣博町長が「季節を問わず町産桃のおいしさを味わってもらい、復興に向けた確かな一歩としたい」とあいさつした。
 ソルベは町産のあかつき果汁を75%使用している。果汁入りのアイスとしては割合が高く、口に運ぶ前から桃の甘い香りが広がる。パッケージは「桃」の字の周りに金色の文字を施し、高級感を演出した。
 1個300円(税込み)。4日から町内のセブン-イレブン、うぶかの郷、大野屋菓子店、リカーショップ旭屋で販売する。6日から17日まで福島市のコラッセふくしまで開かれるアイススイーツフェアでも目玉商品として並ぶ。問い合わせは桑折町振興公社 電話024(582)4500へ。

カテゴリー:主要

新商品の献上桃ソルベを味わったお披露目会
新商品の献上桃ソルベを味わったお披露目会
完成した献上桃ソルベ
完成した献上桃ソルベ

主要

>>一覧