県内ニュース

主要

  • Check

工場立地で協定締結 相馬市と相馬エネパーク

 相馬市は9日、同市光陽にバイオマス火力発電所を建設している相馬エネルギーパーク合同会社と工場立地に関する基本協定書を締結した。平成30年3月に操業を開始する予定。
 立谷秀清市長と細川展久社長が協定書に署名し取り交わした。立谷市長は「新しい形で相馬中核工業団地が活用される。できる範囲で協力したい」、細川社長は「社員一同、安全安心に配慮しながら工事を進めたい」と述べた。
 同社にはオリックスグループが100%出資している。出力は11万2000キロワット。一般家庭約23万世帯分の年間消費電力に相当する。発電した電気は事業所向けに売電する。木質バイオマスのチップと石炭を混ぜて燃やす。燃焼効率の高い設備を導入する。新規雇用を含め34人が従事予定。27年12月に着工した。

カテゴリー:主要

協定書を取り交わす立谷市長(右)と細川社長
協定書を取り交わす立谷市長(右)と細川社長

主要

>>一覧