県内ニュース

  • Check

春空に映える「赤瓦」 JR若松駅改装 鶴ケ城の屋根モデル

 会津若松市のJR会津若松駅の屋根が赤瓦風のトタンに改装された。工事用の足場が外され、18日に初めて外観が披露された。
 5月から同駅に乗り入れる豪華寝台列車「トランスイート四季島」の乗客を歓迎するため、鶴ケ城の赤瓦の屋根をモデルに約1カ月かけてリニューアルした。これまでは黒いトタン屋根だった。
 正野定見駅長は「市の玄関口に会津の歴史を感じさせる風格が加わった」と満足げ。会津人のような情の厚いもてなしで駅利用者を出迎えようと誓いを新たにしている。

カテゴリー:今日の撮れたて

赤瓦風の屋根に改装されたJR会津若松駅
赤瓦風の屋根に改装されたJR会津若松駅

今日の撮れたて

>>一覧