県内ニュース

主要

  • Check

みらいなこどもプロジェクト 猪苗代初の全体会議

 産学官連携による人材育成や地域振興を目指す「みらいなこどもプロジェクト」の初の全体会議は18日、猪苗代町のレイクサイド磐光で開かれた。
 猪苗代町と会津若松市、ゼビオホールディングス(本社・郡山市)が発起人となり、県内外の企業や大学などが特色を生かして次世代の人材を育み、地域の活性化を目指す。プロジェクト運営委員会を設け、猪苗代町を中心とした教育環境の充実や再生可能エネルギーの活用、農業体験の推進などに取り組む。
 発起人の前後公町長、桜井龍一ゼビオコーポレート社長、室井照平会津若松市長が抱負を語った。佐々木啓介経済産業省商務情報政策局サービス政策課長が基調講演し、地域に根付いたプロスポーツと観光を中心とした官民共同による地域振興の可能性を解説した。
 計画の一環として、清水建設の担当者らが町内などで実施している再生可能エネルギーの事業性調査などを紹介した。
 主な参画企業、団体は次の通り。(順不同)
 会津若松市、アカデミア・コンソーシアムふくしま、猪苗代町、NPO法人猪苗代研究所、経済産業省、清水建設、ゼビオホールディングス、ディー・エヌ・エー、東京学芸大、東邦銀行、凸版印刷、日本政策投資銀行、福島大、福島トヨペット

カテゴリー:主要

産学官連携による地域振興などを申し合わせた全体会議
産学官連携による地域振興などを申し合わせた全体会議
基調講演する佐々木課長
基調講演する佐々木課長

主要

>>一覧