県内ニュース

主要

  • Check

格納容器の水中高線量 初測定、底部画像も撮影 第一原発1号機ロボット調査

 東京電力は19日、福島第一原発1号機の原子炉格納容器内で18日に行った自走式ロボットによる調査の結果、底部の水中で、毎時1・5シーベルトという高い放射線量を測定したと発表した。格納容器内部の画像も撮影した。高濃度汚染水の中の線量測定や鮮明な画像が撮影できたのは初めて。格納容器底部には溶融燃料(燃料デブリ)が広がっていると推定されており、東電は21日までの調査で燃料デブリの初確認を目指す。
 18日の調査の概要は【図】の通り。投入口から5メートルほど進んだ鉄製の格子状の足場にロボットを進め、底部に向かってケーブルにつないだカメラと線量計を降ろした。
 毎時1・5シーベルトの放射線量は、汚染水の中に線量計を入れ、床面から高さ1メートルほどの地点で計測された。1~3号機の原子炉建屋内にたまった汚染水は表面放射線量が通常数十~数百ミリシーベルト。1シーベルトは1000ミリシーベルトに当たり、底部の汚染水の放射線量は数十倍ほど高い計算となる。
 1号機では、ほぼ全ての核燃料が溶け落ち、開口部や排水用の設備の配管を通って格納容器底部の汚染水の中に広がっていると推定されている。ただ、東電は調査箇所での燃料デブリの有無については、事故時に高濃度の汚染物質が飛散した可能性などに触れながら、「撮影画像を分析中で判断できない」とした。
 一方、足場の空間放射線量は毎時7・8シーベルトで、平成27年4月の前回調査時の毎時7・0~9・7シーベルトとほぼ同等だった。
 カメラが撮影した格納容器底部の汚染水中の画像では、ポンプのバルブや箱状の構造物など排水用設備の一部とみられる部分が写っていた。東電は今後、詳細な分析を進める。
 東電の担当者は18日の調査結果について、「水の濁りの影響がどうなるか分からなかったが、かなりのところまで見通せる確信が持てた。大きな一歩だ」として、今後の調査で燃料デブリを確認できる可能性が高まったとの見通しを示した。
 東電は19日は燃料デブリの影響を受けず、放射線量が低いとみられる地点を調査した。20、21の両日は開口部付近の底部の放射線量などを測り、19日に調査した低い地点のデータと比較することでデブリの有無の判断材料にする考えだ。

カテゴリー:主要

東京電力福島第一原発1号機格納容器底部の水中の映像。排水用のバルブ(左下)とみられる設備などが見える(東京電力提供)
東京電力福島第一原発1号機格納容器底部の水中の映像。排水用のバルブ(左下)とみられる設備などが見える(東京電力提供)

主要

>>一覧