県内ニュース

主要

  • Check

健康米原料の「米岡日照田」 笹の川酒造4月11日発売

 郡山市の笹の川酒造は4月11日、日本農林規格(JAS)認定の有機肥料だけを使って低農薬栽培したコシヒカリの純米原酒「米岡日照田」を発売する。
 原料米を栽培したのは、喜多方市熱塩加納町の有機農家の上野幹浩さん。有機や無農薬、低農薬の農業に長年取り組み、県内外の料理人らからも評価が高いが、東京電力福島第一原発事故の風評で取引先が減少していた。
 笹の川酒造は、風評被害を受ける県内の有機農家らを支援するとともに、消費者の健康志向に対応しようと、上野さんが高品質の有機肥料、低農薬栽培でブランド化している「健康米」を原料に選んだ。熱塩加納町から運んだ水も使ってしっかりとした味わいの日本酒を完成させた。山口哲蔵社長は「風評で大変な思いをしている有機農家らを日本酒で後押ししたい」と話している。
 720ミリリットル入りで1350円(税別)。問い合わせは同社 電話024(945)0261へ。

カテゴリー:主要

「健康米」で造った新酒を手にする山口社長
「健康米」で造った新酒を手にする山口社長

主要

>>一覧