県内ニュース

  • Check

小高産業技術高が開校 長渕剛さん校歌披露

 小高商高と小高工高が統合した小高産業技術高は11日、南相馬市小高区に開校した。東京電力福島第一原発事故の避難指示が解除された区域での高校開校は初めて。校舎は旧小高工高の本校舎を改修した。東日本大震災からの復興と、福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想に寄与する人材を育成する。
 開校式と入学式が11日に行われ、新入生165人を含む503人が復興に向けた決意を新たにした。校歌は作詞を芥川賞作家の柳美里さん(南相馬市在住)、作曲を歌手の長渕剛さんが担い、会場で長渕さんと生徒が初めて披露した。
 小高産業技術高は大学や企業と連携し、職業人を育成するスーパー・プロフェッショナル・ハイスクール(SPH)に文部科学省から県内で初めて指定された。統合前の学科を継承するほか「産業革新科」を新設し、ロボット制御のためのプログラミングや再生可能エネルギーなどを学ぶ。

カテゴリー:今日の撮れたて

小高産業技術高の入学式後、生徒と一緒に校歌などを歌う長渕さん(壇上右)
小高産業技術高の入学式後、生徒と一緒に校歌などを歌う長渕さん(壇上右)

今日の撮れたて

>>一覧