県内ニュース

主要

  • Check

古里いざなう 夜の森地区の桜並木 富岡町

 東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示が今春、一部を除き解除された富岡町夜の森地区の桜並木が12日に満開となった。美しい桜のトンネルが帰還した住民らの目を楽しませている。
 夜の森地区の桜は明治33年、現在の南相馬市小高区から入植した半谷清寿氏が植樹したのが始まりとされる。樹齢100年を超えるソメイヨシノ約1000本が約2.5キロにわたり並んでいる。
 大半は帰還困難区域にあるため、自由に立ち入ることができるのは富岡二中周辺の約300メートル区間のみ。この日は前日の雨が上がり、穏やかな陽気となった。午前中から大勢の花見客らが訪れ、空を覆う見事な桜を見上げながら散策したり、記念撮影をしたりしていた。
■アクセス
 常磐自動車道常磐富岡インターチェンジから迂回(うかい)路の看板に従い車で約20分
【問い合わせ】富岡町役場 フリーダイヤル(0120)336466


カテゴリー:主要

避難指示の解除後、初めて満開となった富岡町夜の森地区の桜のトンネル。住民や花見客の心を癒やしている=12日
避難指示の解除後、初めて満開となった富岡町夜の森地区の桜のトンネル。住民や花見客の心を癒やしている=12日

主要

>>一覧