県内のスポーツ

  • Check

ホープスホーム開幕戦過去最多観客 岩村監督も躍動

 郡山市のヨーク開成山スタジアム(開成山野球場)で14日に行われたプロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島ホープスのホーム開幕戦では、岩村明憲選手兼任監督(38)が今季限りの選手引退を表明してから初めて、地元ファンの前で采配を振った。代打で中前打を放ち、1581人のファンを沸かせた。
 2-2で迎えた8回2死、岩村選手兼任監督が打席に向かった。直球を捉え中前打を放つと、観客から大きな歓声が上がった。
 「言っているからには、結果を残さないと」。出場には、選手を刺激し奮起させる狙いもある。日本野球機構(NPB)、米大リーグ、独立リーグをわたり歩き、プロ野球選手としての最後の現役生活をホープスで終える。「ファンの期待を強く感じた。一試合でも多く選手として戦いたい」とリーグ優勝に向けて決意を新たにした。
 福島ホープス西会津応援隊のメンバー約10人も応援に駆け付けた。会長の伊勢亀彰さん(62)は「完全優勝を目指してほしい。町全体で球団を応援する機運が高まっている」とチームを支える考えだ。

カテゴリー:福島のスポーツ

【福井ミラクルエレファンツ―福島ホープス】8回裏、代打で出場し中前打を放つ福島ホープスの岩村選手兼任監督
【福井ミラクルエレファンツ―福島ホープス】8回裏、代打で出場し中前打を放つ福島ホープスの岩村選手兼任監督

福島のスポーツ

>>一覧