県内ニュース

  • Check

豪華客船「飛鳥Ⅱ」 小名浜港に寄港 震災後初

 国内最大の豪華客船「飛鳥Ⅱ」(総トン数50、142トン)が18日、いわき市の小名浜港に東日本大震災後初めて入港した。多くの市民らが見物に訪れ、復興と発展が続く港は活気にあふれた。
 飛鳥Ⅱは全長約241メートル。海面からの高さは約45メートルでビル15階分に相当し、客室は436ある。小名浜港入港は平成22年9月以来約6年7カ月ぶりで、横浜港発着の3泊4日クルーズ企画の途中で寄港した。
 船は午後3時半すぎに港湾内に入り、先月完成した小名浜マリンブリッジの脇を通過しながら6号埠頭(ふとう)に着岸した。悪天候のため、入港は予定より約7時間遅れた。
 小名浜港では約120人の乗客が乗り降りした。岸壁では市内の高校生らがフラダンスを披露していわきの魅力をPRし、船は午後6時半に横浜港に向けて出港した。

カテゴリー:今日の撮れたて

東日本大震災後初めて小名浜港に入港する豪華客船「飛鳥Ⅱ」。手前は小名浜マリンブリッジ=18日午後3時35分ごろ
東日本大震災後初めて小名浜港に入港する豪華客船「飛鳥Ⅱ」。手前は小名浜マリンブリッジ=18日午後3時35分ごろ

今日の撮れたて

>>一覧