県内ニュース

  • Check

いわき市久之浜に複合施設 「浜風きらら」オープン 震災の津波被害乗り越え

 東日本大震災の津波で甚大な被害を受けたいわき市久之浜町に20日、複合商業施設「浜風きらら」がオープンした。和食店や総菜店、美容室、カフェなど7店舗が営業を開始し、初日から多くの来場者でにぎわった。
 久之浜町の商店街再生と地域のにぎわい創出を目的に、浜風きらら株式会社が国の津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金などを活用し、総工費約2億円をかけて建設した。軽量鉄骨平屋で延べ床面積約800平方メートル。7店舗のほか町商工会が入居し、今夏に久ノ浜郵便局が窓口業務を開始する。
 施設はJR久ノ浜駅の東側約300メートルに位置し、市が久之浜震災復興土地区画整理事業で整備した土地の一画にある。
 落成式が浜風きらら前で行われ、高木重行浜風きらら社長(60)が「地域の未来を担う子どもたちのため、末永く愛される場所にしたい」とあいさつ。長沢広明復興副大臣、清水敏男市長らが祝辞を述べた。関係者がテープカットしオープンを祝った。

カテゴリー:今日の撮れたて

オープンした「浜風きらら」で飲食や買い物を楽しみ、笑顔を見せる市民ら
オープンした「浜風きらら」で飲食や買い物を楽しみ、笑顔を見せる市民ら

今日の撮れたて

>>一覧