県内ニュース

主要

  • Check

「30年度内」小高区に商業施設開設 市長示す

 南相馬市は平成30年度内に、同市小高区に公設民営の大型商業施設をオープンさせる。20日に開かれた小高区行政区長連合会連絡会議で桜井勝延市長が明らかにした。
 東京電力福島第一原発事故に伴う小高区の避難指示の大部分は昨年7月に解除されたが、住民から商業施設の整備を求める声が出ていた。
 市によると、小高区上町の民間スーパーの跡地を市が買い取って施設を建設。指定管理者を公募し、運営に当たってもらうという。
 会議では、JR常磐線小高駅と小高産業技術高の間などを自動走行車で結ぶ実証実験を市独自に推進する計画が示された。
 市は産業技術総合研究所が公募した「自動走行等を活用した端末交通システムの実証評価地域」に応募したが、不採択となっていた。今後は県や地元交通事業者、同高校関係者らをメンバーにした検討会を設け、平成30年度以降の実証実験開始を目指す方針。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧