県内ニュース

主要

  • Check

富岡に廃炉研究拠点開所 JAEA国際共同センター

 日本原子力研究開発機構(JAEA)が富岡町に整備した廃炉国際共同研究センター国際共同研究棟の開所式は23日、同町本岡の現地で行われ、関係者が東京電力福島第一原発の廃炉に向けた研究拠点の開所を祝った。
 浜通りをロボットや廃炉研究の世界最先端地域とする政府の福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想の拠点施設の一つ。研究棟は鉄骨2階建てで延べ床面積約2115平方メートル。最新の分析装置を備え、放射性廃棄物の処分の研究や溶融燃料(燃料デブリ)の分析、遠隔技術に関する開発などを進める。楢葉町の楢葉遠隔技術開発センター、大熊町の大熊分析・研究センターと連携し、人材育成、情報発信にも取り組む。約30人の研究員が所属する。
 式には国や県、町、JAEAの関係者ら約150人が出席した。児玉敏雄JAEA理事長が「国内外の英知を結集し、廃炉に向けた研究開発を進め、人材育成、情報発信につなげたい」とあいさつ。水落敏栄文部科学副大臣、内堀雅雄知事、宮本皓一富岡町長らが祝辞を述べ、出席者の代表がテープカットした。
 式後、内覧会や隣接する富岡町文化交流センター「学びの森」で開所記念講演会も開かれた。

カテゴリー:主要

テープカットし、国際共同研究棟の開所を祝う児玉理事長(右から3人目)ら出席者
テープカットし、国際共同研究棟の開所を祝う児玉理事長(右から3人目)ら出席者

主要

>>一覧