県内ニュース

主要

  • Check

帰還困難区域再生へ ビジョン骨子案示す 富岡町

 富岡町は町内の帰還困難区域の再生に向けた考え方や方向性を定めた「町帰還困難区域再生ビジョン」の骨子案をまとめた。27日、町役場で開いた町行政区長会で示した。
 再生に向けた考え方は「帰還困難区域全体を再生する」「将来に希望が持てる再生を目指す」とし、再生の方向性として「ふるさとの継承」「新たな魅力の創出」「先駆的な再生・発展のモデル地域の創造」を掲げた。
 具体的な取り組みを進める際の視点として(1)観光を核とした活力の創出(2)新たな生活空間の創造(3)産業再生へのチャレンジ(4)つながりのための環境回復とアーカイブの推進-の4つを設定した。
 町は国の動向などを踏まえて再生ビジョンに工程などを追加するとともに、帰還困難区域全体の再生の姿やより具体的な取り組みなどを盛り込んだ「町帰還困難区域再生構想」を作成する。
 また、26日現在、約120人が町内に居住していることを町が明らかにした。町は帰還した町民や新たな町民に対し「町内居住届出」の提出を求めている。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧