県内ニュース

  • Check

県勢5年連続日本一 蔵元ら記念パネル除幕

 全国新酒鑑評会の金賞受賞数5年連続日本一達成の記念パネル除幕式は18日、福島市の県庁西庁舎内の県民ホールで開かれた。
 金賞受賞した10蔵元の関係者ら約20人が出席した。内堀雅雄知事と新城猪之吉県酒造組合会長(末廣酒造社長)らが5年連続日本一を祝う記念パネルを除幕した。パネルは県民ホールに1年間展示する。
 内堀知事は「5年連続日本一は蔵元や関係者の皆さんの努力のたまものだ。福島の日本酒を国内外に売り込む。多くの人に福島に足を運んでいただき地域の料理とともに日本酒を味わってほしい」と語った。
 新城会長は「一社一社の蔵元の思いが重なり日本一に結び付いた。原発事故に伴う風評などによりまだまだ県内の日本酒の売り上げは厳しい。来年は6連覇を目指す」と誓った。

カテゴリー:今日の撮れたて

5年連続日本一を祝う(前列左から)遊佐勇人人気酒造社長、新城会長、内堀知事、斎藤美幸金水晶酒造店常務、遊佐丈治奥の松酒造社長(後列左から)塩谷隆一郎稲川酒造店代表社員、東海林伸夫夢心酒造社長、唐橋美由紀ほまれ酒造社長室長、宮森優治榮川酒造取締役、鈴木孝市曙酒造専務
5年連続日本一を祝う(前列左から)遊佐勇人人気酒造社長、新城会長、内堀知事、斎藤美幸金水晶酒造店常務、遊佐丈治奥の松酒造社長(後列左から)塩谷隆一郎稲川酒造店代表社員、東海林伸夫夢心酒造社長、唐橋美由紀ほまれ酒造社長室長、宮森優治榮川酒造取締役、鈴木孝市曙酒造専務

今日の撮れたて

>>一覧