県内ニュース

  • Check

野馬追列車いざ出陣!! JR東日本南相馬で出発式

 JR東日本は国指定重要無形民俗文化財「相馬野馬追」の開催(7月29~31日)に合わせ、「相馬野馬追ラッピング列車」の運行を始めた。6日、南相馬市のJR常磐線原ノ町駅で出発式が行われた。
 ラッピングはE721系の6両(2両×3編成)に施した。列車の側面に「神旗争奪戦」「甲冑(かっちゅう)競馬」「お行列」の図柄をポスター形式にして配置した。相馬野馬追終了の7月末まで、常磐線の原ノ町-仙台駅間、東北線の黒磯-一ノ関駅間、仙山線の仙台-山形駅間の計約400キロの区間にお目見えする。
 出発式は一番ホームで行われた。甲冑姿や旗指物を抱えた職員が並び、4両編成のラッピング列車を迎えた。鈴木浩原ノ町駅長が「常磐線は昨年12月に仙台までつながった。列車を見て、たくさんの人に来ていただきたい」とあいさつ。「出発進行」の号令とともに乗客を乗せた列車が仙台駅へ向かって動きだした。この日は仙台間で3往復運行した。

カテゴリー:今日の撮れたて

「相馬野馬追ラッピング列車」の運行が始まり、JR原ノ町駅で記念撮影する鈴木駅長(右から2人目)ら関係者
「相馬野馬追ラッピング列車」の運行が始まり、JR原ノ町駅で記念撮影する鈴木駅長(右から2人目)ら関係者

今日の撮れたて

>>一覧