県内のスポーツ

  • Check

福島10-15群馬 ホープス反撃及ばず

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島ホープスは17日、郡山市のヨーク開成山スタジアム(開成山野球場)で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦し10-15で敗れ、2連敗した。通算成績は14勝17敗3分け。順位はFUTURE-East(東地区)の4位。
 ホープスは一回、先発笠原拓海が四死球と安打など打者一巡の攻撃を受け4点を失った。三回途中から代わった秋吉龍二もコントロールが安定せず、この回3点を奪われた。五回、連打でチャンスをつくるとジョン・ボウカーが3点本塁打を放ち点差を縮めた。七回は岡下大将の本塁打などで3点を加え2点差まで詰め寄ったが、九回に2本塁打を浴び突き放された。
 次戦は18日午後1時から宇都宮市の栃木県営球場で栃木ゴールデンブレーブスと前期最終戦に臨む。

カテゴリー:福島のスポーツ

【群馬ダイヤモンドペガサス―福島ホープス】2回裏、ホープス2死二塁、中越え適時打を放った福士が三塁を狙うもタッチアウト
【群馬ダイヤモンドペガサス―福島ホープス】2回裏、ホープス2死二塁、中越え適時打を放った福士が三塁を狙うもタッチアウト

福島のスポーツ

>>一覧