県内ニュース

主要

  • Check

小野内四段が優勝 東北六県将棋団体は本県5位

 第61回東北六県将棋大会は最終日の9日、秋田市の秋田キャッスルホテルで3~5回戦が行われ、本県は団体で1勝4敗の5位だった。個人では先鋒の小野内一八・四段(22)=南相馬市・東北学院大=が4勝1敗で優勝した。個人で本県勢が優勝したのは3年ぶり。
 初日2連敗と苦しい立ち上がりとなった本県代表。9日も岩手、宮城に連敗し4戦全敗と追い込まれたが、最終戦で地元の秋田に3人全勝で勝利する粘りを見せた。これによって1勝4敗で山形と並び、トータルの勝者数で上回った本県が5位となった。3人による団体戦で、負けた対戦でも3-0の全敗はなく、必ず1勝を挙げ続けたことが順位に反映された。
 先鋒以外の本県代表は、大将が浜口敦也三段(30)=福島市・公務員=、副将が花井秀隆四段(26)=白河市・公務員。監督は村越孝一・六段(55)=郡山市=が務めた。
 村越監督は「1勝2敗で負ける内容が目立ち、3人の成績がかみ合わなかったが、最終戦で全勝するなど健闘してくれた」と振り返った。県将棋連盟の吉田俊哉会長も同行し、労をねぎらった。
 福島民報社、山形新聞社、岩手日報社、秋田魁新報社、東奥日報社の5社共催。各県から代表3人ずつが出場し、総当たりのリーグ戦を行った。
 審判長は日本将棋連盟東北統括本部長の島朗九段、副審判長は北島忠雄七段と、同連盟東北普及部長で「あったかふくしま観光交流大使」の鈴木環那女流二段。閉会式で島九段が講評した。
 最終日の成績は次の通り。
 ▽3回戦
岩  手2-1福  島
小山怜央六段○-×浜口三段
岩泉毅五段○-×花井四段
藤谷明弘五段×-○小野内四段      
秋  田2-1青  森
宮  城3-0山  形
 ▽4回戦
宮  城2-1福  島
阿部駿弥四段○-×浜口三段
越後雅邦三段×-○花井四段
星宮謙四段○-×小野内四段
青  森2-1山  形
岩  手2-1秋  田
 ▽5回戦
福  島3-0秋  田
浜口三段○-×佐藤弘康五段
花井四段○-×堀井邦明五段
小野内四段○-×鈴木勝裕五段
岩  手2-1山  形
青  森2-1宮  城
 ◇団体(1)岩手(2)宮城(3)青森(4)秋田(5)福島(6)山形
 ◇個人▽大将(1)小山怜央六段(岩手)(2)阿部駿弥四段(宮城)(3)佐藤弘康五段(秋田)(4)山寺清志五段(山形)(5)船橋隆一・五段(青森)(6)浜口三段
 ▽副将(1)岩泉毅五段(岩手)(2)鈴木雄貴五段(青森)(3)松田樹雄三段(山形)(4)花井四段(5)越後雅邦三段(宮城)(6)堀井邦明五段(秋田)
 ▽先鋒(1)小野内四段(2)鈴木勝裕五段(秋田)(3)藤谷明弘五段(岩手)(4)星宮謙四段(宮城)(5)工藤俊介五段(青森)(6)上野伸一・四段(山形)

カテゴリー:主要

小野内四段(前列左から2人目)の個人優勝をたたえる本県代表ら。前列左が村越監督、前列右から浜口三段、花井四段。後列左から吉田会長、島九段、鈴木女流二段、北島七段
小野内四段(前列左から2人目)の個人優勝をたたえる本県代表ら。前列左が村越監督、前列右から浜口三段、花井四段。後列左から吉田会長、島九段、鈴木女流二段、北島七段

主要

>>一覧