県内ニュース

主要

  • Check

レクサス・サード初V 宮城でスーパーGT第4戦

 市販車ベースの車両で競う国内最高峰レース「スーパーGTシリーズ」第4戦は23日、宮城県村田町菅生のスポーツランドSUGOで決勝を行った。福島市の農道空港「ふくしまスカイパーク」に軽飛行機開発拠点を設置するサード(本社・愛知県豊田市)が参画するGT500の「レクサス・チーム・サード」が今季初優勝を果たした。県内に拠点を移すGT300の「チーム・タイサン・サード」は28台中18位だった。
 雨が降ったりやんだりのコンディションで、各チームがスタート直前までタイヤ選択や車両調整に苦労した。クラッシュする車両が続出する波乱のレースの中、予選7位のレクサス・チーム・サードは雨用のタイヤを選び、ピットインのタイミングなどで試合巧者ぶりを発揮し首位に躍り出た。最終周には2位の車両と接触する激戦となったが、昨季年間王者の意地を見せ今季待望の勝利を手にした。
 レクサス・チーム・サードの総監督を務める佐藤勝之サード社長(50)は「唯一の東北開催で優勝でき、県民や東北の皆さんに元気を届けられたと思う」と興奮気味に喜びを語った。
 チーム・タイサン・サード(千葉泰常代表)は乾燥時用のタイヤでスタートしたが、雨が降りタイムを伸ばせなかった。それでも粘りを見せ予選から順位を一つ上げた。チームは「車両の性能は上がってきている。次につなげたい」とした。
 次戦は8月5、6の両日、静岡県小山町の富士スピードウェイで行われる。

■県内ファン 選手と交流

 会場には多くの県民ファンが観戦に訪れ、チーム・タイサン・サードのドライバーらと交流した。山田真之亮選手(24)と握手を交わしたいわき市の会社員箱崎祐太さん(21)は「モータースポーツが好きなので福島のチームができるのは誇らしい。これからの躍進に期待している」と話した。
 今夏サードへの入社が内定している伊達市霊山町出身の斎藤裕人さん(34)も観戦に訪れた。
 チーム・タイサン・サードとレクサス・チーム・サードはファンに県の観光パンフレットを配るなどして福島をPRした。

■民報社が横断幕

 スポンサーとしてチーム・タイサン・サードを応援している福島民報社は横断幕を制作し、チームに贈った。
 横断幕は「頑張れ チーム・タイサン・サード」の文字が入っており、ピット内に掲示された。

カテゴリー:主要

激戦を制し今季初優勝を果たしたレクサス・チーム・サードの車両(左)
激戦を制し今季初優勝を果たしたレクサス・チーム・サードの車両(左)

主要

>>一覧