県内ニュース

主要

  • Check

本県の食「魅力的」 三春でワークショップ

 東京電力福島第一原発事故に伴う風評の払拭(ふっしょく)に向け、海外の高校生を県内に招く事業「Hello!FUKUSHIMA FOODS!~海外の高校生と発信する福島の食~」は5日目の5日、三春町の県環境創造センターでワークショップを開いた。フランスや東京都の高校生が、来県中に福島高の生徒とともに学んだ成果や福島についての感想を語り合った。
 ワークショップは同センターの1周年を記念した環境教育フェスティバルの一環で、NPO法人ドリームサポート福島と福島高が主催した。県外から参加した高校生が来場者を前に、南相馬市の除染廃棄物の仮置き場の見学や福島市の農園でのモモ収穫、福島高の生徒とのディスカッションなど、4日間の県内での体験を振り返った。
 フランスのノートルダム高、ボワダムール高の生徒7人は県内を歩き、感じた福島への印象を発表した。「来日前は福島第一原発や放射線の問題が心配だったが、放射性物質検査などによって食の安全性が保たれていると理解できた」「豊かな食べ物や文化が魅力的だった」などの意見が上がった。
 都立戸山高の生徒は福島の現状をどのように全国に発信すればよいか、福島高は福島の農業をテーマに考えを発表した。
 一行は福島市に移動し、ホストファミリーらとのお別れ会に臨んだ。

カテゴリー:主要

県内での学習成果や福島への印象を発表するフランスの高校生
県内での学習成果や福島への印象を発表するフランスの高校生

主要

>>一覧