県内ニュース

  • Check

「21年間、ファンと共に」 岩村選手現役に幕

 郡山市のヨーク開成山スタジアム(開成山野球場)で10日に開かれたプロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島ホープスの今季最終戦に現役引退試合として臨んだ岩村明憲選手兼任監督(38)は「経験を次世代に伝えるのが使命」と語り、指導者として次なるステージへの飛躍を約束した。

■ホーム過去最多3607人声援
 日米で活躍した俊足強打者の最後のプレーを見届けようと、ホープスのホーム試合で過去最多の3607人が大声援を送った。
 最後の打席となった七回裏、中前打で出塁し、犠打で二進すると代走を送った。勝利を優先し、グラウンドを離れる決断を下した。
 引退セレモニーでは、「21年間、ファンと共に歩んできた。感謝の気持ちでいっぱい」と一語一語をかみしめた。場内を周回してファンとタッチを交わした後、胴上げで宙を舞った。
 米大リーグのレイズ時代に指揮を執ったカブスのジョー・マドン監督やチームメートだった東北楽天ゴールデンイーグルスの嶋基宏捕手、マリナーズの岩隈久志投手らがねぎらいの言葉をビデオメッセージに寄せ、場内で流された。福島民報社の佐藤研一取締役郡山本社代表は県民から募ったメッセージを記したボードを手渡した。
 円熟期に岩村選手兼任監督が在籍したヤクルトのユニホームを着た郡山市の会社員菅野光さん(32)は「一番好きな選手の現役最後の勇姿を地元で見られて幸せ」と目を細めた。市内の飲食店従業員横田カオルさん(43)は「野球を通じてこれからも福島を盛り上げて」と期待した。

カテゴリー:今日の撮れたて

胴上げされる福島ホープスの岩村選手兼任監督
胴上げされる福島ホープスの岩村選手兼任監督

今日の撮れたて

>>一覧