県内ニュース

主要

  • Check

内科再開へ「村営化」 葛尾診療所

 葛尾村は、東京電力福島第一原発事故後、診療を休止している村内の内科診療所を村営診療所として再開させる。13日に開会した9月定例村議会に篠木弘村長が関連議案を提出した。現在、村には内科診療を受けられる施設がなく、医療態勢を整えることで住民の帰還促進につなげる。
 村によると、田村医師会から医師の派遣を受け、週に数回開所する予定。今月中にも同医師会と医師派遣に関する協定を結び、診療所の早期再開を目指す。診療所はこれまで、村が設置した施設を民間に無料で貸し、運営を委ねる形を取っていた。多くの村民が避難を続けている現状では、診療所を民間が運営するのは難しいと判断し、村営化を決めた。
 定例村議会では会期を15日までの3日間と決めた後、篠木村長が2億2900万円の一般会計補正予算案など14議案を提出し、提案理由を説明した。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧