県内ニュース

主要

  • Check

いわきFC×いわき信組 ビジネスパートナー契約

 県社会人サッカーリーグ一部のいわきFCを運営するいわき市のいわきスポーツクラブと同市のいわき信用組合はビジネスパートナー契約を締結した。
 共同事業の第1弾として、ファンクラブ会員のみを対象とした定期預金「いわきFC応援定期預金」を販売する。発売は10月中旬の予定で、年金利はいわき信組が販売する通常の定期預金の8倍となる0・08%。同FCが日本フットボールリーグ(JFL)に昇格した場合は年金利が最大0・1%まで上がる。
 いわき信組は同FCのチームロゴをあしらった通帳の作製など、地元密着型の金融機関としての特性を生かしたPR策も検討しており、今後もファン拡大を後押ししていく。契約締結は7日付。
 いわきスポーツクラブの大倉智社長といわき信組の江尻次郎理事長は13日に同信組本店で記者会見を開き、契約締結を発表した。同クラブによると、金融機関とのパートナー契約は初で、ファンクラブ会員獲得のための共同事業実施に向けた契約締結も今回が初めてという。
 大倉社長は「ファンクラブの会員数5万人を目指す」と話し、江尻理事長は「共同事業の展開を青少年育成や市民の健康増進につなげたい」と述べた。
 定期預金商品の詳しい問い合わせはいわき信用組合 電話0246(92)4111へ。

カテゴリー:主要

ビジネスパートナー契約締結を発表する大倉社長(左)と江尻理事長
ビジネスパートナー契約締結を発表する大倉社長(左)と江尻理事長

主要

>>一覧