県内ニュース

主要

  • Check

古里を忘れない 今春避難解除の富岡で墓参り

 秋彼岸の中日に当たる秋分の日の23日、県内各地で墓参りをする人たちの姿が見られた。
 今春に一部を除いて避難区域が解除された富岡町の慈眼寺では、町民らが花や線香を墓前に供え、静かに手を合わせて先祖の霊を慰めていた。
 郡山市で避難生活を送る西山公久さん(80)、ミイ子さん(66)夫妻は「古里を離れて暮らしていても、ご先祖様を忘れない気持ちが大事」と話し、墓石を丁寧に掃除していた。

カテゴリー:主要

墓前に花を供え、手を合わせる西山公久さん、ミイ子さん(手前)夫妻=23日、富岡町・慈眼寺
墓前に花を供え、手を合わせる西山公久さん、ミイ子さん(手前)夫妻=23日、富岡町・慈眼寺

主要

>>一覧