県内ニュース

主要

  • Check

産学連携し奨学金 国際情報工科自動車大学校

 郡山市の国際情報工科自動車大学校は自動車整備士を目指す学生を産学連携で経済的に支援する「企業推薦奨学生制度」を創設した。2018(平成30)年度入学の学生から開始する。
 同校によると、同制度の実施は東北地方では初めて。自動車整備業界では全国的に整備士不足が深刻化している。整備士を希望する学生が経済的な理由で進学を断念するケースを減らそうと制度を新設した。
 同制度は、自動車整備士などになるために国際情報工科自動車大学校への進学を希望しているが、経済的に困難な高校生が対象となる。制度の参加企業の試験を受けて認定されれば、同校に入学後に「日本学生支援機構奨学金」が貸与される。同校を卒業後、認定を受けた企業に就職した時点で「企業推薦奨学金」が付与され、日本学生支援機構奨学金の返還に充当される。
 制度の参加企業は現時点で県内外の3社。今後も随時、自動車ディーラーや自動車整備工場、カー用品販売会社などを中心に参加企業を募集していく予定。
 26日、郡山市の同校で発表会が開かれ、水野和哉学校長らが制度の概要を説明した。

カテゴリー:主要

企業推薦奨学生制度の趣旨を説明する水野学校長(左)
企業推薦奨学生制度の趣旨を説明する水野学校長(左)

主要

>>一覧